こめかみ 痛い しこり 症状 原因

こめかみが痛い場合やしこりの症状や原因について

スポンサーリンク

私達の身体は様々な原因によって痛みや変化が起こってしまいます。
頭痛を持ってる人は多くいますが、頭痛と言ってもその痛みや症状は様々です。
右側のこめかみから痛みが出ている場合には片頭痛が原因の場合があります。
片頭痛から起こるこめかみの痛みはストレスや疲労が原因となっているので無理をしないで休息する事が大切です。
またこめかみの痛みは眼精疲労から起こることもあります。
現在ではパソコンを長時間使う人が増えており、目の疲れを感じている人がとても多いのです。
そのため目の疲れから症状が出てしまうのです。
眼精疲労であれば目を休ませてあげる、目やこめかみの周辺、肩や首などをマッサージして血行を促進させてあげることによって改善できます。
また痛みだけでなく触るとしこりができている場合があります。
頭の近くにしこりができてしまうと不安になってしまいますが、原因を知る事によって治療できるようになるため安心することができます。

スポンサーリンク

こめかみが痛い、触るとしこりがあるのであればいくつかの原因が考えられます。
その1つに顎関節症があります。
口を開けたら閉まらなくなった、顎ががくがくなる、こめかみ周辺が痛いなどの症状が出ているのであれば顎関節症の可能性があります。
口を開けたり物を噛むと違和感があったら早めに診察してもらう必要があります。
他にもリンパ節炎が原因となっている場合があります。
風邪を聞いたり菌やウイルスが入り込んでしこりができて痛いと感じる場合があります。
菌やウイルスによって痛みが出ているのであれば内科で治療してもらう事ができます。
また皮膚に問題があってしこりができる場合も考えられます。
ニキビや吹き出物という可能性もあるので、その場合には肌を清潔にしたり炎症を抑える薬によって改善する事ができます。
症状によって治療方法も異なってくるので、痛い、またしこりを感じた場合には自分の症状を把握して病院に行くことが改善につながるのです。

スポンサーリンク