頭痛 こめかみ 押すと痛い

こめかみを押すと痛いときの頭痛の原因と対処の仕方

スポンサーリンク

頭痛があり、こめかみを押すと痛いときには原因があります。
それは、パソコンやスマートフォンを長時間使いすぎることによる目の疲れが関係しています。
左右のこめかみを押すと痛いときは、かなりの眼精疲労が溜まっている可能性があります。
パソコンやスマホなどを長時間使用すると、目の回りの筋肉に疲れが溜まり、血行が悪くなります。
それを放っておくと、治りにくく、更に眼精疲労という病気に発展してしまうのです。
こめかみを押すと痛いのは、疲れを感じているときです。
こめかみ辺りにはツボがあります。
ズキンズキンと頭が痛むときや、目が疲れているときにはめかみが痛みます。
そのツボは口を開いたときや、口を動かしたときに筋肉が動く場所です。
自分が気持ち良いと感じるくらいの強さで指圧マッサージをしてあげると良いでしょう。
また、眼精疲労は頭痛の他にも顔の筋肉の炎症や様々な体の影響を及ぼす原因ともなるので、早めに対処する必要があります。

スポンサーリンク

頭痛がないのに左右のこめかみを押すと痛いときは、神経痛の可能性もあります。
その場合は眼精疲労を避け、ストレスを溜め込まなければ自然と治まっていきます。
こめかみを押すと痛い原因としては、目からくるもの、偏頭痛によるもの、頭蓋骨のズレによるもの、鼻づまりにもるものなどがあります。
目からくるものの対処法としては、目の回りを温めたり、入浴をして体を休めたり、体を動かしたり、ツボを押すなどして血行をよくするのがオススメです。
偏頭痛によるものは、十分な睡眠をとり、食事をしっかりとり、患部を冷やすなどすると良いでしょう。
頭蓋骨のズレによるものは、一度病院で診てもらい、早めに対処しましょう。
鼻づまりによるものは、医師の指示に従い薬で治療しましょう。
原因はそれぞれありますが、一番は眼精疲労によるものと考えられます。
仕事で止むを得ず長時間パソコンを使わなければならない人や、スマホの使いすぎた人、少しでも目に疲れを感じたら、目の周りやツボをマッサージしたり、体を温めるなどして、血行をよくり、リラックスする時間をもつことが大切です。

スポンサーリンク