こめかみ ぴくぴく

こめかみがぴくぴくする原因と、対処法について

スポンサーリンク

たまにこめかみがぴくぴくして、違和感を感じたという経験がある人は少なくないと思います。
2〜3日続く程度であれば、寝不足や疲労、ストレスなどが考えられますので、休息をとってストレス解消をすれば自然に症状が治まります。
ところが睡眠も十分にとって疲労やストレスが解消されても、こめかみがぴくぴくするのが止まらない場合は、もしかすれば隠れた病気が原因になっているかもしれません。
こめかみがぴくぴくする病気には、顔面神経痛が挙げられます。
顔面神経痛になると症状が普通の場合よりも重く、けいれんと同時に痛みを伴います。
このような症状がある場合は、脳神経外科か耳鼻科で診療を受けることがおすすめです。
また痛みが我慢できない場合は、麻酔科かペインクリニックでの治療が必要な場合もあります。
一方、眼精疲労が原因でこめかみがぴくぴくする場合もあります。
特に目の疲れやまぶしさ、痛みなどの自覚症状がある場合には、眼科で診察を受ける必要があります。

スポンサーリンク

ところで病気が原因でない場合に、こめかみがぴくぴくする症状を解消できる方法には、目を温めたり目を閉じたりしてしばらく安静にしておくことがあります。
目を温める場合には、41〜42℃位のお湯で温めるのがおすすめです。
蒸しタオルほどの熱さだと、逆効果になる場合がありますので注意しましょう。
またできるだけ睡眠時間を取るよう、合計で7時間位は眠れるように工夫することも有効です。
夜に睡眠時間を十分にとれなかった場合は、できる場合は昼寝や移動中に睡眠をとるようにすると良いでしょう。
さらにゆったりとした音調のBGMを聴くのも、リラクゼーション効果がありますのでおすすめです。
特に睡眠前には、パソコンやスマホの操作をやめてBGMに切り替えると、質の良い睡眠が取れるようになったというデータもあります。
パソコンやスマホのブルーライトは、視神経だけでなく交感神経を優位にしてリラックスしにくい身体の状態になり、こめかみがぴくぴくしやすくなります。
眠る2時間前には、パソコンやスマホの画面を見ないようにするのが理想的です。

スポンサーリンク