こめかみ 凹み 改善

こめかみの凹みを改善するには

スポンサーリンク

こめかみの凹みが何故できるか。
それは、加齢による顔の変化の一つで、脂肪が下がってくることと関係しています。
脂肪が重力によって下がってくると、眉の上や頬骨の下、そしてこめかみの部分を中心にそこの部分に影が落ちてしまい、くぼみとなります。
それが凹みの原因です。
どうやったらそれらを改善できるのかというと、主として3つの施術方法が挙げられます。
1つ目に、3Dセルリフトと呼ばれる施術です。
これは幹細胞と呼ばれるものを大量に含んでいる、健全なファットセルを注入することによって改善するリフトアップ技術の一つで、吸引性の特殊な糸と脂肪を用います。
この時使う脂肪は自身のもので、腹部や太ももなどからわずかに採脂します。
点滴麻酔を用いるため痛みはほぼありません。
この方法の最大のメリットは、より自然な立体感を出せることです。
以前のフェイスリフトやフェザーリフトなどとは段違いな程に改善されていて、こめかみの凹みだけではなく他の部位の治療にも使用されています。

スポンサーリンク

2つ目に、マイクロCRFと呼ばれる施術です。
従来に使われていたのが、ヒアルロン酸の注入によりふっくらとさせるものなのですが、この方法だと持続期間が限定されてしまっていて、何度も施術を受ける必要がありました。
しかしこのマイクロCRFだと、その効果は永続的なものになりました。
この方法に用いるのも、3Dセルリフトと同じように自身の脂肪です。
顔に適した注入材にし、注入した脂肪は90%以上がきちんと定着してくれるので、いくつかの施術方法の中で最も持続性がある、というのがこの方法のメリットです。
3つ目に、PPPジェルです。
これは医療器械「ゼロサーム」を使い、自身の血液を遠心分離、抽出し熱処理することによって生成されます。
これを麻酔注射することによって効果を得るのですが、10分程で終わる施術時間の短さと、余計な添加物がないため異物反応がない、というのがメリットです。
最も安全で手軽な方法としても挙げられます。

スポンサーリンク