こめかみ 腫れてる

こめかみが腫れてるいる時に考えられる病気と対処法

スポンサーリンク

こめかみが腫れてる時に考えられる原因はいくつもあります。
まず、考えられる原因としては、リンパ腺があります。
風邪のウイルスや細菌がリンパ腺に入り込んで痛みや腫れを引き起こすものです。
次にこめかみが腫れてる原因として考えられるのは、顎関節症です。
顎に強い負担がかかる時に発症する症状で歯ぎしりや噛み合わせ、偏咀嚼やストレスなどが原因と考えられています。
ニキビや吹き出物が原因でこめかみが腫れてる場合もあります。
新陳代謝の低下や日常生活でのストレス、栄養の偏りなどにより、こめかみにニキビや吹き出物が現れる場合です。
十代よりも二十代以降に現れることが多いとされています。
更に石灰化上皮腫の可能性もあります。
石灰化上皮腫とは、皮膚の内側に出来る良性腫瘍で、一部分が石灰化するという特徴を持っています。
大抵は痛みなどを感じませんが、皮膚が薄いと石灰化した部分が透けて見えたり、かゆみを覚えたり、押すと痛みを伴う場合もあります。

スポンサーリンク

こめかみが腫れてる場合、痛みや弊害を伴わない場合もありますが、放置しておくと悪化したり、怖い病気が隠されている場合もあります。
それぞれの原因に応じた対処法を取ることが大事になります。
まず、腫れている原因がリンパ腺である場合、大抵は腫れの原因となる風邪が治れば腫れもなくなります。
しかし、風邪が長引いたり、腫れそのものが大きくなったりする場合には病院で受診し、抗生物質などの対処を受ける必要があります。
特に、リンパ腺の場合は、最悪、悪性リンパ腫や悪性腫瘍のリスクもありますので、専門医に判断を仰ぐ方が賢明です。
腫れてる原因が顎関節症の場合、顎関節症の原因となる習慣などを改善する必要があります。
姿勢の改善やストレスの発散、噛み合わせの改善、左右バランス良く噛むように気を付けるなどが改善策として考えられます。
マッサージやマウスピースによる改善も効果的です。
同じく、ニキビや吹き出物が原因の場合も、生活の改善が最適な対処法となります。
ストレスの発散や食生活の改善などが有効になります。
石灰化上皮腫が原因の場合、これは自然治癒が望めません。
基本的には外科手術による摘出が対処法となります。
放置しておくと細菌感染などで赤く腫れたりするので、できるだけ小さい内に医師に相談し摘出する方が傷跡や体への負担も軽く、望ましい対処と言えます。

スポンサーリンク