こめかみ しこり 痛くない

こめかみのしこりの痛くない知恵

スポンサーリンク

こめかみにしこりができることがあります。
頭が痛いときにこの部分を刺激すると痛みが解消するということがありますが、こめかみにできたしこりの原因が気になります。
こめかみの近くにしこりができることがありますが、ここにはたくさんの種類があります。
そしてたくさんの原因が考えられています。
あまり心配をしなくてもいいというような種類もありますが、大きな病気が関係していることもあるので、しっかりと観察をしなければいけません。
なぜこの部分にできものができてしまうのかというと、その原因としてはリンパの流れが関係していることがあります。
これは風邪などをひいたときに、リンパ腺に菌が侵入してきたときに、腫れや痛みを伴うことがあります。
リンパ腺に腫れや痛みが出てくることがありますが、数日で症状が治まることが多くなっています。
痛みがなかなか治まらないという場合には、ウイルス性リンパ炎や悪性リンパ腫の可能性があるので、しっかりと病院で検査を受けることが大切になります。

スポンサーリンク

このほかに考えられるものとしては、顎関節症があります。
これはかみ合わせ部分に炎症が発生するというのが原因となっています。
こめかみの部分に痛みを感じたり、かみ合わせが悪くなるというような症状があります。
最初は症状が軽いという特徴がありますが、放っておくと重症になる可能性があります。
食事をすることや会話をすることも難しくなっています。
最近では顎関節症を発生する人が多くなっています。
とくに10代後半から30代の女性が多くなっています。
またしこりが痛くないということがあります。
痛くないときに考えられる原因としては、腫瘍の可能性があります。
腫瘍の場合には痛くないという症状の他に、表面がつるっとしたような感じとなっています。
しかしこの中でしこりが大きくなって周りの組織に炎症を引き起こす可能性があるので、腫れがいつまでも続いて倦怠感があったり、大きくなっていくという場合には、一度病院を受診するようにします。

スポンサーリンク