こめかみ 頭痛 続く

頭痛が続く場合にはこめかみをほぐそう

スポンサーリンク

頭痛に頻繁になりやすく、頭痛が続く方の中には、目を酷使している場合があります。
仕事などでデスクワークや細かい手作業などをしている場合には、集中して細かい物を見たり、事務処理などでパソコンのモニターを見続けていることもあるでしょう。
物を集中して見続けていると、自分ではそれほど意識していない状態でも、こめかみに力が入っていることがあります。
それが長時間続いてしまうと、こめかみの部分にこりが発生して硬くなってしまい、酷い状態になるとそのせいで頭痛を引き起こしてしまうこともあります。
肩こりや腰のこりなどに関しても同じことがいえますが、こりができてしまうと、すぐにはこりが解消されることはありません。
定期的にこっている部分をマッサージしたりして徐々にほぐしていく必要があります。
また、予防のためにもこりの原因となるものを把握してこりがそれ以上悪化しないようにすることも大切です。
目を普段から酷使していると感じている方は、作業の合間に休息をとったり、遠くの景色を眺めたりして目を休めてみることで、こめかみの緊張を少しとるのも有効です。

スポンサーリンク

こめかみのこりを取るためには、自分の人差し指や親指で軽くマッサージしてみるのも効果的です。
こめかみには、ツボがありそこを中心としてその周辺の神経も指で刺激することで、血液の循環を促進してみましょう。
また、こめかみから少し上の部分の髪の毛の生え際や、耳に近い部分などもこっていることもありますので、その周辺もマッサージしてほぐすことで、頭痛の軽減につながるでしょう。
マッサージをする場合には、お風呂からあがった後にすると効果的と言われています。
理由としては、お風呂に入ることで全身が温まっている状態であり、血液の巡りもよく、また、比較的リラックスできているため筋肉なども緊張状態からほぐれているため、マッサージをするには適しているためです。
頭痛が頻繁に続く方は、効果が向上するタイミングであるお風呂あがりにマッサージを毎日、継続して行うようにしましょう。
頻繁に続く頭痛を改善して、痛みのない日常生活を送れるように心がけていくことが大切です。

スポンサーリンク