こめかみ 圧迫感 原因

こめかみに感じる圧迫感の原因は血行不良と目の疲れ

スポンサーリンク

こめかみに起きる圧迫感の原因は、血行不良です。
血行不良は、筋肉のコリや目の酷使により起こります。
筋肉のコリは目の酷使と密接な関係にあり、目を酷使すると眼球に存在する機能の低下や目の周囲にある筋肉がコリます。
眼球に存在する機能が低下すると視力調節機能に支障が出るので、遠くが見えにくくなったり細かいものが見えにくくなります。
見えにくくなると目を険しくしたり姿勢が悪くなる人が多いのですが、目を険しくしたり姿勢が悪くなると血行不良は悪化します。
目を使っている時(スマホ・パソコン・細かい作業などをしている時)に視界が見えにくくなったりこめかみに圧迫感を感じたら、目を休めると良いと思います。
目が疲れているのに休めることもせず使い続けると、視力低下・眼精疲労の慢性化・頭痛・首や肩のコリの原因になります。
目を休める方法で一番簡単なのは、目を閉じることです。
仕事中でもできることだと思うので、1分でも10分でも目を閉じると少しは視界が明るくなります。

スポンサーリンク

こめかみに圧迫感を感じるほどの目の疲れは、慢性的な目の疲れであることが多いとされます。
目を酷使した後に、コリをほぐしたり血流をよくしたり脳を休めることをちゃんと行わないと、毎日目を使う人は目の疲労が蓄積します。
コリをほぐすことや血流をよくする方法で効果的なものは、マッサージと入浴です。
慢性的にコリ固まっている場合は、マッサージや入浴で温まるとぼーっとしてしまうことがあります。
これは血流が良くなった証で、今までがどれだけ血流が良くなかったかが分かります。
注意点としては、マッサージは優しく行うことが大切で、入浴は乾燥の原因や心臓への負担とならないように適温で長湯は控えると良いと思います。
脳を休める方法は、質の良い睡眠をすることです。
眠る前までスマホを見ていたり、眠る前にカフェインやアルコールを摂取すると睡眠の質が悪くなるとされます。
眠る前には白湯を飲んで体を温め、眠ることだけをぼんやり思うと良い眠りになる確率が高まります。
こめかみの圧迫感は眼精疲労による血行不良が原因なので、改善のためには生活を見直すと良いと思います。

スポンサーリンク