下を向くとこめかみが痛い 原因 対処

下を向くとこめかみが痛いと感じる原因と対処の仕方についてです

スポンサーリンク

普段生活をしていて、下を向くとこめかみが痛いと感じることがあります。
その原因はいろいろな病気によって起こっている場合があります。
その1つとして、下を向くとこめかみが痛いと感じたときに鼻水が出たり、鼻がつまったという症状が現れると、急性副鼻腔炎といった病気が考えられることがあります。
この副鼻腔炎になってしまう原因として、細菌やウイルスが含まれた鼻水が副鼻腔に溜まってしまい、炎症を起こしていることが考えられます。
鼻水が出る風邪をひいてしまったときに、頭が痛くなってしまうときもこのような炎症が原因となっていることもあります。
症状がそんなに酷くないのなら、薬を服用しなくて治ることがあります。
しかし下を向くとこめかみが痛いと感じ、症状を楽にしたいために自分の判断で薬を飲むときに、頭痛薬を飲んでしまう人もたくさんいます。
しかし副鼻腔炎の場合だと、副鼻腔に溜まってしまった膿を出さないと、痛みが治ることはありません。

スポンサーリンク

なかなか自分で副鼻腔炎だと判断することはしにくいですが、頭痛薬を飲んでも痛みが治まらないときは、対処法として膿を出したり炎症を抑える薬を飲むと良いです。
薬を飲んで炎症を抑えることが出来れば、痛みも和らいできます。
しかしこれらの対処法はあくまで緊急の場合だったり、痛みがそこまで強くないときの対処法です。
炎症を抑える薬を飲んでも痛みが治まることがない場合は、抗生物質を飲むと良いです。
しかし抗生物質の大半は市販では販売されていません。
抗生物質は飲み方に注意をしなくてはいけないことがいくつかあるため、医師の診断を受けないと処方してもらうことは出来ません。
もし市販で販売されている炎症を抑える薬を飲んでも、症状が良くなりそうになかったら病院に行って医師の診察を受けましょう。
少しぐらいの痛みだからと我慢して悪化させてしまうと、痛みが強くなってしまい症状が悪化してしまうこともあります。
そんなときは無理をしないで、きちんと病院に行って処置してもらえば痛みをなくすことが出来ます。

スポンサーリンク