こめかみが痛い 両方

左右両方のこめかみが痛い原因は、目の疲れか筋肉のコリ

スポンサーリンク

右と左の両方のこめかみが痛くなる原因は、眼精疲労・眼精疲労からくる頭痛・血流の問題などがあります。
こめかみが痛い時に頭痛も感じる場合は血流の問題であることが多く、首のコリや肩のコリが原因であることもあります。
頭痛には色んな種類があり、左右両方のこめかみが痛い時には脈に合わせて痛みがズキンズキンと出ることもあります。
頭痛に関して、生活に支障が出たり不快すぎる時には病院で相談をしたり頭痛薬も使用してみると良いと思います。
頭よりもこめかみが痛いという場合は、眼精疲労からきている可能性が高いとされます。
目を使いすぎると目の調節機能や目の周りの筋肉がコリ固まります。
筋肉がコリ固まってしまうと血流が悪くなるので、頭への血流にも影響して頭痛が発生します。
目の調節機能がコリ固まると視界が見えにくくなるので、姿勢が悪くなることが多くなります。
姿勢が悪いと首や肩もコリやすくなるので、目のコリと合わさって更に頭痛に影響します。

スポンサーリンク

また、目の中には視界が見えるということを脳に伝える紫色の色素が存在するのですが、この紫色の色素は光に当たるとビタミンAになりますが、視力にとって重要なものなので減少しないように紫色の色素は再合成されます。
しかし光に当たりすぎると再合成のスピードが追い付かなくなり、紫色の色素は減少した状態になります。
そうなることで、視力が低下します。
視力が低下した状態である人が裸眼で遠くや小さな文字を見ると、正常な視力の人より目が疲れやすくなります。
左右両方のこめかみの痛みを解消するためには筋肉のコリをほぐし血流を良くすることが一番大切なことですが、目の中にある紫色の色素の再合成をサポートすることも取り入れると良いと思います。
紫色の色素の再合成をサポートする栄養素はアントシアニンで、ブルーベリーなどの紫色の食材に含まれています。
また、アントシアニンと共に夜盲症に効くビタミンAや疲労回復に効果的なビタミンBも取り入れるとより良い効果が実感できると思います。

スポンサーリンク