左 こめかみが痛い 原因

左のこめかみが痛い原因について

スポンサーリンク

頭痛の症状には様々なものが挙げられます。
頭全体が痛くなる場合や後頭部がズキズキと痛む場合があります。
その他にも、頭頂部が痛んだりこめかみが痛いと言った症状も見られます。
こめかみが痛い場合には、左のこめかみが痛いケースが多くなります。
その原因にはいくつかのものが挙げられますので、自分の症状と合わせて判断する事で有効な対処法が見つかることがあります。
まずは最も多い原因は、偏頭痛になります。
偏頭痛とはその名の通り左右どちらか片側だけに痛みが偏っている事が特徴で、ズキズキと脈打つような痛みと吐き気を伴う症状が見られます。
主な原因には、ストレスや疲労、睡眠不足や生活習慣の乱れが挙げられます。
したがって規則正しい生活やストレスをこまめに発散させる事で症状が改善される事があります。
特にストレスを発散させる事は非常に有効な手段になるとされていますので、スポーツや趣味に打ち込んでストレスを発散させる事が大きなポイントになっています。

スポンサーリンク

次に全体数は少ないですが、群発頭痛の可能性が挙げられます。
この群発頭痛は左のこめかみに加えて目の奥が痛む事が特徴になっています。
季節の変わり目に多く見られ、飲酒や喫煙、気温の変化などが原因とされています。
したがって飲酒や喫煙を控えると共に、生活習慣を見直す事が良いとされています。
次に挙げられるのが、脳梗塞や脳出血になります。
こちらの場合には激しい痛みや締め付け感などが特徴で、手足の痺れやけいれんなどの症状も見られます。
かなり重大な症状と言えますので、一刻も早く医師の診察を受ける必要があります。
そして頸椎が痛みの原因になっている事があります。
この場合には頭痛の他に肩こりや腰痛なども併発しますので、比較的分かりやすい症状になります。
頸椎が痛みの原因になっている場合には、整体などで歪みを治す事が有効な手段になります。
実際に整体院などで適切な治療を行う事で、症状が改善されるケースも多々報告されています。

スポンサーリンク