口を開けるとこめかみが痛い 原因

口を開けるとこめかみが痛いという場合には顎関節症がその原因

スポンサーリンク

普段は痛みを感じないのに、口を開けるとこめかみが痛いといった症状がある人は顎関節症である可能性があります。
顎関節症とは、顎の関節や筋肉などに異常が起きてしまうことによって現れる症状であり、食事の時など口を開けるとこめかみが痛いといった症状が見られることがあります。
顎関節と言われてもよくわからないという人もいるかもしれませんが、耳の穴近くの顔の部分を指で抑えながら口の開け閉めをすると性格な場所がわかるでしょう。
本来であればこの部分はスムーズに動かすことが出来るのですが、何らかの問題が起きてしまうとスムーズに動かすことが出来なくなってしまいます。
そうなると口の開け閉めの度に顎関節にストレスがかかるようになってしまい、それが痛みとなって現れるのです。
口を開けるとこめかみが痛いといった症状だけではなく、顎関節を動かす度に音がしたり頭痛や肩こりといった症状が現れる人もいます。
また、人によってや耳鳴りが起きたり不眠症の原因となることもあります。

スポンサーリンク

こめかみ辺りが、口を開けるときにだけ痛みを感じるという場合には顎関節症が疑われます。
その原因としては、普段から顎関節に強いストレスをかけている場合があります。
特にスポーツなどを行っている人に多く見られ、歯を強く噛みしめるような事が多いと顎関節を痛めることになります。
また、食事の仕方に問題があるという場合もあります。
食事の際に片側だけを使って噛んでいるという人もいるでしょう。
そういった動作は顎関節に負担をかける原因となるので、顎関節症を引き起こすことがあります。
本人は気づいていなくても、寝ている間の歯ぎしりがその原因であることもあります。
多くの場合はこのように毎日の生活に原因がありますので、それを改善することで症状を防ぐことが出来ます。
また、医療機関で治療してもらうのも一つの方法です。
症状がまだ軽い場合には、歯科病院でも治療することが出来ます。
症状が重い場合には、口腔外科に相談すると良いでしょう。

スポンサーリンク